絵画

好きな物を書こう

世の中には色々な趣味を持っている人がいますが、その中でも現在人気があるものの一つが絵画です。
学生時代にそれが趣味だった人だけでなく、美術の授業はあまり得意ではなかったけれど、
社会人になってから試しに描いてみたらはまってしまったなんて言う人もいます。

ではそんな絵画ですが、どうやって楽しむ事が出来るでしょうか。
絵画の楽しみ方と言えば、まずは自分が描きたいものを描くという事です。

例えば自分が好きな物があるとします。
それを見て後は紙と鉛筆等を用意して描けば良いのです。
それが実物に忠実に描かれている必要はありません。

あくまでもそれは趣味として楽しむのだから、自分の目を通して感じたように描けばいいのです。
その為、丸い物を描いたとしても、その一部のまっすぐなところが印象的だったら
それを強調して描いたって構いません。

もう一つは自分が気持よいと感じながら描く事です。
絵には色々なタイプがありますが、趣味として絵画を楽しむならどんなタイプを選んでも良いでしょう。

画材に関しても何を利用しても良くて、例えば本格的に油彩にチャレンジするのも良いし、
もっと手軽にサインペンで描いてみるのもなかなか面白いものです。

また水墨画みたいなものを描きたいと思った時も、
筆と墨を用意して描かなくても筆ペンと水を使って描く事もできます。

技術にとらわれない

あとは、技術に囚われないという事です。
美術の授業等では、スパッタリングとかを聞いたことがある人もいるかもしれませんが、
趣味で行う場合はどんな方法で描いたって良いのです。

絵具を使うとしても、その時に筆を使わずに箸や綿棒で描いたって構いません。
手だって十分使える道具となります。

趣味で絵画を楽しむ場合、こうしなければいけないというルールはありません。
あくまでも自分が楽しく、また自分が表現したい物を好きなように描けばよいのです。

そこには上手下手なんて全く関係なくて、遠近法とかを気にする必要すらありません。
赤いリンゴを見て、それを青く描きたいと思ったら青い絵具で塗ってしまったって
問題はないのです。

要は自分がどうすれば楽しいのか、またどう表現したいか、
頭の中に何があるかをしっかりと描くようにすればいいという事になります。

またその作品制作に関しても、どれだけ時間を費やしても構いません。
自分が作りたい作品ができたら完成にすればいいのだし、途中で別のものにしたければ
その作品は途中で終えてしまったって問題はないのです。

そうして自分がもっとも満足できて楽しめるように表現する事、
それが絵画の楽しみ方と言って良いでしょう。