写真

カメラの技術進歩

デジタルカメラの発達から、ネガを持って現像に出すと言う作業がなくなりました。
フィルムカメラ時代では、考えられなかった素早さとか、気軽さが受けて写真を好きになった
と言う人も多いのではないでしょうか。

またカメラの性能が上がったこともあり、コンパクトカメラでも
一眼レフカメラと変らない美しさに仕上がる時代にもなったのです。

そして技術進歩は、カメラだけではありません。
デジタルカメラで撮った写真をパソコンで修整も可能な時代になっています。

多少のピンボケと言われる写真とか、暗さが目立つような写真など、
手直しなどは簡単に行なえるようになっているので、誰もが美しく写る時代になりました。

また簡単に写真を撮れると言うことから、女性のカメラマニアが増えたのです。
以前ですと何故か面倒と意識もあったのでしょう、カメラは機械と思われてもいたことで、
扱いづらいものでありました。

それが携帯カメラと言う簡単に撮ることが出来る写メから、気軽に扱えるものに変って来たと思われます。
そんなカメラは、やはり使う前に準備をキチンとしておくべきです。

出来れば仕様書を全て確認すると、間違いのない写真を撮ることが出来るようになるはずですから、
今から写真を始めたいと思う方は、仕様書を読んで下さい。仕様書、ちょっと面倒と思うかもしれません。
ですがこの仕様書を流し読むだけでも後々違って来ることを知って欲しいです。

今のカメラは、全自動でもおおよそ綺麗には写るのですが、更に細かく綺麗に写したい時は、
それぞれの設定でシャッターを切ると、満足出来る写真が生まれる第一歩ではないでしょうか。

何を撮るのか

次は、被写体を考えましょう。
被写体は家族でも、恋人でも友人でもかまいません。

人物を撮る時には、ポーズを取ってもらえる人を選ぶと良いでしょう。
ポーズを取ることで、人に動きも出て来るので写真の出来にも幅が出て来ると思います。

いつも立ったままのポーズでは、進歩出来ないかもしれません。
また自然な姿を撮るためには、ポーズを取ってもらわず、
こちらから積極的にシャッターを切ってみると良いでしょう。

こうして写真をたくさん撮っていくと、写真の写りが良いとか悪いとか判って来るようになります。
その時に、写りの悪い理由、原因を考えることで、次回のシャッターが上手く押せることになるのではないでしょうか。

大自然を撮るのもよし、鉄道ファンになり列車等を撮るのもよし、旅行を楽しみながら撮るのも良いと思います。
カメラの性能を100%引き出させることが出来るようになると、更に面白みが増して来るのではないでしょうか。