フットサル

フットサルとは

フットサルは、futsalと綴り、スペイン語のサッカーという意味のfubolとポルトガル語の室内という意味のsalaから作られた造語です。
5人制のミニサッカーのようなものであり、サッカーよりも簡単です。
オフサイドもなく、選手交代も自由に行えます。
ただし接触プレーは反則です。

サッカーと違い気軽に出来るスポーツなので、誰でも行うことが出来、学生から中高年に女性まで幅広く人気があります。
サッカーは11人必要ですが、フットサルなら5人いれば始めることが出来、サッカー未経験者でも行えます。

そしてなんといってもコートは小さめになっており、誰でもシュートが打てますので、爽快感の味わえるスポーツです。
フットサルは、参加者のレベルによっても変化を加えることが出来、ウルトラビギナーズや、女性を含むミックスなど、それぞれの参加者にあわせたゲームスタイルがあります。

フットサルのルール

フットサルはオフサイドが無く、インプレー中でも選手交代が出来、個人個人が高い技のプレーが出来るように配慮されています。
主なルールとしては以下の通りです。

・選手交代
試合中の選手交代は自由です。
交代回数は制限されておらず、一度交代した選手も再度プレーできます。
ゴールキーパーも同じように自由に交代できます。

・4秒ルール
フリーキック、コーナーキック、キックイン、ゴールキーパーの自陣エリアでのボールの扱いは、それぞれ4秒以内に終えないといけないとなっています。
4秒を越えると相手チームの間接キックとなります。

・キックイン
ボールはライン上に制止させて行います。
立ち足はラインを越えてはならず、キックインが行われる間は、相手チームの選手はボールから5m以上離れなければなりません。
味方ゴールキーパーはキックインしたボールは触れません。
キックインから直接ゴールは出来ません。
反則すると相手ボールとなります。

・ゴールクリアランス
攻撃チームが最後に触れたボールがゴールラインを越えると、サッカーでのゴールキックになります。
ゴールキーパーは自陣のペナルティエリアで、任意の場所からピッチ内にボールを投げ入れます。
蹴って入れてはいけません。
投げたボールはハーフラインを越えるか、相手選手が触るかしないと、ゴールキーパーには戻せません。
ボールがインプレーとなると、他の選手が触れるまでゴールキーパーは再びボールに触れません。
ゴールクリアランスで直接ゴールは狙えません。

・禁止項目
ショルダーチャージやボールへのスライディングタックルは禁止です。
チームの累計反則が5つになると、6つめの反則からはすべて相手チームへ10mからの直接フリーキックが与えられます。
この場合に守備チームは壁は作れません。