週末農業

週末農業を始める方法

週末農業は、平日は仕事で忙しい人が、週末だけ農業を行うことであり、都会で忙しく仕事をしているサラリーマンなどに人気があります。
始めるには畑が必要ですが、一番簡単なのはプランターを買ってきてそこで作物を育てる方法であり、その他にレンタル農園を借りたり、人手不足の農家を手伝うようなスタイルもあります。
週末農業といって一番ポピュラーなのが畑を借りる方法です。

多くの方は趣味で作物を育てている間に、週末農業に興味を持った場合が多いです。
レンタルの畑を利用する層は、30代から40代と、定年後の60代から70代の方が多いです。
気軽に自分の好きな作物を育て、週末の時間のあるときにだけ畑に来るというスタイルですが、サークルなどで利用している人は、採れたての野菜でバーベキューをするような方々もいます。

農業に関わることができ、普段スーパーで並んでいる野菜がどのように作られるのかを学ぶことも出来ます。
そして食の安全についても考え学ぶ機会になり、レンタル農園を利用すれば、農業経験の無い方でも指導者が丁寧に教えてくれます。
実際に野菜を育てることによって、スーパーに行っても普段とは野菜の見方が変わってきます。
その野菜はいつごろが一番美味しいのかなどもわかってきます。

週末農業の魅力

自分で育てた野菜を収穫して食べることが出来ると言うのが一番のメリットですが、農業を通じて多くのことを学ぶことも出来ます。
時には野菜が枯れてしまって収穫できないような時もありますが、そのような時でも何故収穫できなかったのか、野菜も生き物であるということを認識させられます。

特に週末農業を行っていると、知識として得られることが多いと言う人が沢山います。
スーパーの野菜の選び方が変わった、野菜の旬が分かるようになったなどがあります。
無心で農業に取り組むと、日頃のストレスなどから解放されるという人もいます。
そして週末農業を行っていると、天気の変化にも敏感になり、雨は嫌いだった人が野菜には恵みの雨なので好きになったと言う人もいます。
夫婦で週末農業を行うと、自然と会話も増えますので、夫婦円満にもなれます。

また初心者にも週末農業は始めやすいです。
1日体験などに参加してみるのも良いですが、行っている年配の方は農業の経験がある人が多いので、とても丁寧に教えてくれて助かります。
子供なら春に作物を植えて、秋に収穫して、その場で食べるという普段体験できないことをするととても喜びます。
何よりも週末農業を始めると、自然と同じ畑で作物を育てている人と一緒に作業をしますので、農業仲間が増えてきます。
始めるならまずは畑をレンタルしているところを探してみると良いでしょう。