できるとカッコいい!燻製調理

意外と簡単に作れる燻製料理

スモークチーズやベーコンなど、おつまみや料理に大活躍の燻製料理。
バーベキューでも大人気です。
この燻製を自宅で手作りして楽しみませんか?

燻製とは、木を焦がしたときに出る煙で、材料を燻した料理です。
煙による殺菌効果と食材の水分を抜き取ることで、保存性を高めています。

燻製には主に冷燻、温燻、熱燻の3つの作り方があります。
これは煙で燻すときの温度によって、冷・温・熱の3つに分類されており、温度が低くほど長い時間燻します。
冷燻は20度以下の温度で3日~1か月程度かけて燻します。
温燻は60~80度程度の温度で約3時間燻します。
代表的なものはスモークサーモンです。
熱燻は80度以上の温度で、約10分いぶして作ります。
保存性は低くなりますが、短時間で手軽に作れるのが魅力です。

燻製料理に必要なもの

まず、燻製作りに必要な道具を抑えておきましょう。
自宅で行う場合、中華鍋など深さのある鍋を用意します。
ただ、テフロン加工されたものはNGです。
また、燻煙で鍋が真っ黒になりますから、燻製用の鍋として中華鍋を1つ用意しておくことをおすすめします。

材料を乗せて燻すための、網も必要です。
中華鍋の底から5センチ程度の空間ができるサイズのものを用意しましょう。

煙を鍋に閉じ込めておくための、蓋も必要です。
ボウルで代用することもできます。

そして肝心なのが、スモークチップです。
ホームセンターなどで販売されています。

このほかジッパー付きビニル袋、キッチンペーパー、アルミホイル、ピチットシート、クッキングシートも用意しておきましょう。
これらのアイテムは、材料の水を抜くときなどに使います。

料理用の温度計があると、正確な温度がわかるので失敗しにくくなります。

またアウトドアでは、スモークチップに点火するためのガスバーナーや、軍手があると便利です。

スモークチーズの作り方

では最も簡単にできる、スモークチーズの作り方をご紹介します。

まず、中華鍋の底にアルミホイルを敷き、その上にスモークチップを乗せます。

次に、中華鍋に網をセットし、食材がくっつかないためのクッキングシートを敷いて、チーズを乗せます。
6Pチーズが作りやすくておすすめ。

そして蓋をします。
このとき、チーズに蓋が触れないように注意してください。

コンロの火を点火して中火にします。
2~3分して煙が出てきたら弱火にしてください。
ここから燻製が始まります。

10分程度弱火で熱して、表面がきつね色になれば完成です。

今回はチーズの作り方をご紹介しましたが、このほかササミやホタテ、卵などさまざまな食材で燻製料理ができます。
是非、いろいろな食材で試してみてください。